お知らせ・イベント掲示板

  もどる     新規投稿     トピック表示     次の10件     前の10件  

【3407】ads.FM「三重の映画に恋をして」〜VOL.59「眠狂四郎殺法帖」(1963年) 事務局 田中 忍
メール  
URL  

 当委員会会長の田中忍が、ads.FMで三重県ゆかりの映画について話をしています。
コーナータイトルは「三重の映画に恋をして」、略して「みえこい」です。
 第59回目は次のとおりです。本放送は、インターネットでもお聴きいただくことができます。
 ads.FMホームページ http://www.catv-ads.jp/fm/
 ただし、田中会長は電話出演のためインターネットでお聴きいただいた場合、声が
聞き取れません。ご了承ください。

放送日時:5月22日(日)午前11時20分から午前11時36分(予定)まで
放送局:コミュニティFM『ads.FM』
番組名:weekend mix
ナビゲーター:北山ヒロトさん
紹介映画:「眠狂四郎殺法帖」(1963年)田中徳三監督
              市川雷蔵の代表作「眠狂四郎」シリーズの第1作です。
        加賀前田藩藩主の密貿易を証明する書状をめぐっての活劇で、
        あっという間に82分が過ぎます。

なお、放送内容は、放送後にこのページに掲載します。     
      
修正する
投稿日 2022/5/19 (Thu) 22:20:27
更新日 2022/5/19 (Thu) 22:21:06
 

【3408】Re:ads.FM「三重の映画に恋をして」〜VOL.59「眠狂四郎殺法帖」(1963年) 事務局 田中 忍
メール  
URL  

【放送内容】

市川雷蔵が主演した「眠狂四郎」シリーズは、「眠狂四郎殺法帖」が第1作で、19
69年に公開された「眠狂四郎悪女狩り」まで12本が大映映画で製作・公開され
ました。田中監督は、1作目と10作目の「眠狂四郎女地獄」を監督していて、こ
の映画の公開は1968年でした。「眠狂四郎」を市川雷蔵主役で映画化したいと企
画されたのは、田中監督だと聞いていますので、もっと「眠狂四郎」シリーズを監
督されたかと思いましたが、1作目と10作目だけとは少ないかなと思いました。
ただ、この間、田中監督は市川雷蔵主演で「手討」「忍びの者 霧隠才蔵」「大殺陣 
雄呂血」「陸軍中野学校 竜三号指令」の映画を監督していますし、年間、3本から
7本の大映映画を監督していますので、映画会社の事情ではないかなと最初は思い
ました。

でも田中監督へのインタビュー記事に「1作目の評判がよくなかった」と監督自身
が語られていましたので、その影響があるかもしれません。また大映映画は、松竹
映画のように、「男はつらいよ」は山田洋次監督が生みの親なので、山田監督がシリ
ーズの映画化を担当すると言ったような考えがありませんでした。当時は、大量の
プログラムピクチャーを製作していかなければなりませんでしたので、何人もの監
督にそのシリーズを担当させ、他にもいい企画があれば、また映画化をしていくと
いう考えだったとのことです。そうすることで、他の監督より面白い映画を製作す
るぞと、監督の闘志をかき立てる効果もありました。

評判が悪かったことをもう少し言いますと、第1作目では、市川雷蔵演じる眠狂四
郎という像が、まだ出来上がっていなかったということです。人を斬ったりキザな
セリフを言っても、涼しげなマスクを持つ市川雷蔵ならではの適役で、1作目だけ
を見ていると、眠狂四郎という人物はこのような人かと思ってしまいますが、2作
目以降ではもっとニヒルさや冷たさが出てきます。市川雷蔵も自伝で「1作目では
虚無感のない人物を演じていないと思いました。健康的すぎると感じました。もし
かすると、私が家庭を持ち、生活や心情的に安定・安心していますので、その状況
が自分でも気づかぬまま、狂四郎に現れたのではないかと反省しています」と語っ
ていました。

本作で、狂四郎は「人間に愛想をつかした」というセリフがありますが、人情深さ
や人への同情が見られ、観終わった後、整合性が図られていないのではないかと感
じました。このことについて、監督は「原作は面白いけど事件が多く書かれていて、
脚本も、それに重きがおかれストーリー中心になってしまった。私も眠狂四郎の人
物像を形作るまでには至らなかった」というような発言をされていました。ただ、
眠狂四郎は市川雷蔵の代表作となり、私は、市川雷蔵以外に、この役を演じられる
俳優はいないと思っています。

本作の物語は、加賀前田藩藩主の密貿易を証明する書状を前田藩が手に入れようと
する話が主になり、書状が誰の手に渡るのだろうと観ていてハラハラドキドキしま
す。そして、この間に眠狂四郎という人物や彼に関わる10人ほどの人物像の描写
が必要で、それを82分という上映時間で描いたわけです。最近の映画より30分
短くて、原作には事件が多いとなると、ストーリーだけを追うような映画になって、
浅い印象になるのが普通です。でも、私は、この作品に映画の浅さをあまり感じず
楽しんで拝見できました。

市川雷蔵が一作目では、まだ眠狂四郎像に到達しなかったという事は、先ほど言い
ましたが、市川雷蔵が演じたからこそ、映画への集中度は上がったと言えますし、
私のような田中徳三監督ファンには監督の演出の確かさが観ていて楽しめました。
例えば、このようなシーンがあります。この映画のヒロインである中村玉緒は前田
藩の奥女中・千佐を演じています。前田藩を恨む外国人から自分を守って欲しいと
言って狂四郎に近づくよう、藩主に命令されます。しかし、それは嘘で、実際、外
国人と貿易商が隠し持っている、前田藩の密貿易の証拠の書状を手に入れ、外国人
や貿易商と狂四郎を戦わせるため、狂四郎に千佐が近づいていることを、外国人か
ら狂四郎は教えてもらいます。さらに別の人物から、千佐はある人物と血がつなが
っている身分であり、藩主はそれを知りながらも命令を出している事を聞きます。
とまあ、千佐の生い立ちは悲しく、最初は千佐を近づけようともしなかった狂四郎
ですが、だんだん千佐に同情していきます。やがて、千佐は狂四郎への愛を感じ始
めます。が、狂四郎は千佐に対し愛情を持ったかどうかは明白には描かれません。

藩の密貿易が明らかにならないよう、利用された女性の悲しみと愛情が、この映画
のポイントになり、その描写がよく描かれていると私は思っていて、さすが田中監
督だなと思ったのです。そして狂四郎のキャラクターから言えば、千佐という女性
が近づいた際、「覚悟をして俺に身体を差し出す女性は嫌いだ」と、当初、千佐を突
っぱねていて、そのまま、千佐と別れるという行動をする方が狂四郎らしいのです
が、その後、千佐が近所の子どもたちと「かごめ、かごめ・・・後ろの正面だあれ」
と遊ぶ姿を愛おしく見ていたり、狂四郎が何人か人を斬り、心疲れて千佐のところ
に来た時、千佐は狂四郎に自分の愛を示します。この際、狂四郎は「俺に触れるな、
人を斬ってきた身体だ」と血生ぐささが残る身体を千佐に触らせようとしないセリ
フを言いますが、その言葉の裏には千佐への愛があると取れる、と私は思いました。
このあたりの描写も、観ていてグググと来るシーンだったのですね。

市川雷蔵と中村玉緒のキャラクターを存分に立たせ、うまく描かれていたので、映
画には集中できましたが、観終わった後で、狂四郎像を振り返ると、「このような人
物像でよかったのかな」という疑問が出てきました。他にも、拳銃で撃たれたはず
の狂四郎が命に別状もなく、ケガもなく、また戦っているとか、千佐に説得されて
藩主が素直に納得するシーンなんかはもっとこだわったり抵抗をしてもよかったの
ではないかと、突っ込みを入れたくなるシーンも、実は、観終わった後に出てきま
した。

観ている時は、お話が二転三転するので、どのようにして結末を迎えるのだろうと
思っていました。少しネタバレ的な事を言いますとね。狂四郎を慕う人物がいて、
この男女、元スリなんです。ずっと狂四郎の後を追ってきて、どのようにして狂四
郎と関わるのだろうかと思っていると、「おお!」とスリを行うシーンが描かれ、こ
れが非常に快感で、にこりとするシーンなのです。また、千佐を慕う猿吉という人
物がいて、狂四郎と千佐を助けるシーンもあるのですが、結局は、千佐が眠狂四郎
を愛していることを知り、潔く退くシーンもいい感じに描かれていました。また、
前田藩の密貿易の証拠の書状のありかを知っている外国人、つまり中国人系の人物
が登場します。この役を演じたのは城健三朗という俳優です。城は、その後、若山
富三郎という芸名に変更し活躍しました。若山富三郎は、勝新太郎のお兄さんでも
あります。

本作は、プログラムピクチャーを大量に製作しなければならない時代に、封切り日
も撮影中に決められ、スケジュールも非常にタイトな中、新シリーズとしてスター
トを切るのに、大事な眠狂四郎像の不完全さや細部の描き方が説明不足だった点は
否めません。でも、映画を観ている際、そのような突っ込みを入れることなく、楽
しめるフィクションになっています。映画というものは、こうでないといけないと
言われる方もおありと思いますが、観る側に違和感がなければいいのではないかと
私は思います。

【音楽】わらべうた「かごめ、かごめ」

修正する
投稿日 2022/5/22 (Sun) 12:04:59
更新日 2022/5/22 (Sun) 12:04:59
 


■【3407】へ返信
名前
E-Mail
題名
URL
削除キー sage機能 ←削除キーは投稿内容を修正/削除する時に必要です

  もどる     新規投稿     トピック表示     次の10件     前の10件  

No.Password

Copyright:(C) 2004 三重映画フェスティバル実行委員会. All Rights Reserved.
Wing Multi BBS Pro 1.1.4