最近見た映画

  もどる     新規投稿     トピック表示     次の10件     前の10件  

【3547】「さらば愛しき女よ」(ディック・リチャーズ監督、1975年) 田中 忍
メール tnk@orange.ocn.ne.jp 
URL  

家人が「面白そう」と録画していて、映画タイトルを見てビックリ!!DVDになっていない、ごひいきの作品だったので家人を「やるなあ」と褒めた。本作は、WOWOWで初放送されたものである。今後、再放送があれば、是非、ご覧いただきたい秀作である。超大作ではないが、MY LIBRARY として保管しておきたい作品なのだ。

探偵モノやミステリーが好きな僕が本作を大変気に入っているのは、「これが1941年のロスアンゼルスなのだろう」と思わせる雰囲気(実際は知らない)がプンプン匂ってくるからだ。治安の良くない街角にある酒場や安アパート、そしてネオンに照らされた、この街にはタバコの煙がよく似合う。・・・このような映像に、デビッド・シャイアが作曲した音楽が流れ、気だるい雰囲気を加速させている。

探偵モノは人探しから始まるのが多いが、本作もしかり。しかし、依頼者が前科者で、強面である。主人公のフィリップ・マーロウは仕事だからと何ら臆せず引き受ける。この前科者を演じるのは、本作で役者デビューをしたジャック・オハローランで、本作品の後にも何作か悪役を演じ、朴訥(ぼくとつ)としたキャラを醸し出している、マーロウ役は、ロバート・ミッチャム。「スリーピング・アイ」と呼ばれただけあって、眠そうな目をしていて、際立った表情が出てこない。淡々と人探しや聞き込みを行い、拳銃を引く時もラブシーンの時も淡々としている。しかし、タフガイである。かと思えば、ディマジオの試合結果を気にしたり、子どもの遊び相手にもなれる人間臭さ、そしてコテンパンにやられてしまうというシーンも描かれるので、マーロウが近い存在に思える。このあたりはスーパーヒーローの007とは一線を引くところだ。

シャーロット・ランプリング(『愛の嵐』『さざなみ』、現71歳)のクールビューティ、シルビア・マイルズ(『真夜中のカーボーイ』)のあばずれ、娼館の主を演じたケイト・マータの豪傑さと恐怖など、脇役にも強烈なインパクトがある、後の『ロッキー』でスターダムを駆け上ったシルベスター・スタローンがチンピラ役で出演しているのも、今、見るとニヤリとする。

物語は謎が謎を呼び、殺人も増えるくだりで、探している人物が見つかったり、犯人が分かる。その謎解きを振り返ると、「何だ、単純なことだったのか」と思うのだが、映画を見ている間は、ずっとミステリアスな雰囲気に包みこまれていて、ディック・リチャーズの演出テクニックに、改めて敬服した。

《以下、ひとりごと》
本作は1977年3月3日、東京・早稲田松竹で、『追想』(1975年、ロベール・アンリコ監督)との2本立てて見ている。当時の映画配給はユナイトだった。本棚の隅に仕舞い込んだ、わが青春の映画ノートに記してあった。当時は高校3年の3月である。わざわざ映画を見に上京したのではないが、何故上京していたのか、その理由が思い出せない。入試発表だったかも…

本作のサントラLPレコードも購入していた。何度も聞き、気だるい雰囲気を楽しんでいた記憶がある。40年ぶりに本作を観たが、流れる音楽に聞き覚えがあった。残念なのは、本作を含み300枚近くのレコードを、家を片づけていた時、二束三文で売ってしまったことである。今、考えると自分の浅はかさからしくじった『失敗』である。もう、あのLPレコードは戻ってこない。

修正する
投稿日 2017/3/17 (Fri) 22:46:09
更新日 2017/3/17 (Fri) 22:46:09
 


■【3547】へ返信
名前
E-Mail
題名
URL
削除キー sage機能 ←削除キーは投稿内容を修正/削除する時に必要です

  もどる     新規投稿     トピック表示     次の10件     前の10件  

No.Password

Copyright:(C) 2004 三重映画フェスティバル実行委員会. All Rights Reserved.
Wing Multi BBS Pro 1.1.4