TOP>三重映画さんぽ>三重と映画と歌舞伎とU 小津の2作品に異彩を 2世鴈治郎 井土 真杉
 関西歌舞伎の大看板、人間国宝、妻は前参議院議長、順風満帆を絵にかいたような坂田藤十郎(前三世中村鴈治郎)に比して、その父二代目鴈治郎は名優だったが事が多かった。1955年(昭和30)ごろ、関西歌舞伎のごたごたに嫌気がさしてか役者を廃業することさえ決意し、舞台から遠ざかる一時期があった。でもこれが日本の映画にとっては思わぬ収穫となったのである。浪人中、溝口健二監督にくどかれて、西鶴ものの『大阪物語』(57年大映・撮影中に溝口が死去、吉村公三郎監督で完成)に出ることになり、これを契機に大映に専属して「百本の映画に出演」(聞き書「鴈治郎の歳月」より)することになったからだ。そして58年には『炎上』『鰯雲』などで、毎日コンクールなど七つの映画賞を受賞した。日本映画は草創期以来、歌舞伎との縁が深いが、事実上現役の名代役者がこれほど映画にかかわった例はない。

『浮草』『小早川家の秋』での名演技
 さてその「百本」のなかに、われらが小津安二郎監督によるものが2本ある。いずれも小津作品のなかで異彩を放ち、面白さにおいて抜群だが、それは主役の鴈治郎の持ち味に負うところが大だろう。『浮草』(大映59年)と『小早川家の秋』(東宝61年)。小津の多くの松竹の名作といえば、まず学者や重役に扮した温厚で枯れた味の笠智衆の世界が思い浮かぶが、この2本は様子が違う。志摩各地でロケをしたことでおなじみの『浮草』ではしがない旅芝居一座の座頭を、また『小早川家の秋』では関西の造り酒屋のご隠居と、鴈治郎はかなり違った役どころを演じるのだが、その強烈な人間臭さ、色好み、かつての上方風の男の艶という点などで共通しており、堅物の笠智衆の人物像とは対照的である。またこの2作品、併せて観ると興味深い類似点に気づく。いずれも暑いひと夏(後者は「秋」とはいえ厳しい残暑の候だ)の物語、主人公は古くからの愛人(杉村春子、浪花千恵子)のもとへ炎天下扇子を使いながらしげしげと通う、しかもそこに隠し子(川口浩、団令子)がいる、劇中どこかから聞こえてくる「南国土佐をあとにして」等々。
 あれは波切の町か、『浮草』でしのつく雨の中、京マチ子と路地をはさんだ軒下で「あほー、どあほ」「どっちがあほや」と罵り合う痴話げんかシーンの迫力は有名だし、一座解散の憂き目にあったあと、ラスト近く駅舎では気まずいなかで京にタバコに火をつけてもらい、乗った車中で弁当のオカズを爪楊枝でつつく場面など酸いも甘いも噛み分けた千両役者ならではの至芸というべきであろう。
 小津も鴈治郎の演技を楽しんでいたふしがある。『小早川家』で、主人公が孫と家でかくれんぼうをし、「まーだだよ」と言いながら、そっと京都の愛人のもとへ抜け出す愉快なシーンがあるのだが、ここを監督が何度も撮り直しをさせるので鴈治郎は閉口したらしい。小津はあとで「鴈治郎さん怒ってるだろうね。でもこのシーンが好きでね。何度やってもらっても面白くて」ともらしていたという(聞き書より)。

 津「曙座」の楽屋に鴈治郎を訪問
 実は高校時代、私は津で鴈治郎丈に会ったことがある。当時は津の映画館「曙座」にしばしば大歌舞伎がかかったものだ。映画館とはいえ、いまの県文中ホールと違い花道もあった。たしか53年の夏、成駒屋一家の熱心なひいきだった知り合いの小母さんに連れられて曙座の楽屋を訪れたのである。鴈治郎の楽屋は個室で『浮草』の楽屋よりはるかに立派だった。彼は上半身裸で鏡に向かい『石切梶原』の顔をこしらえながらすこぶる愛想がよかった。小母さんの質問に「ああ、玉緒でっか、あれももう14になりましてなあ、今度は映画に出してもらう言うてます。なんや性典ものとか・・」。
 そしてしたためてくれた色紙に、玩辞楼十二曲の内・河庄「頬かむりしても恥ずかし神無月」。

*2004年4月から2006年3月まで毎日新聞三重県版にて掲載した「三重映画ものがたり」を加筆修正したものです。

『浮草』完成記念写真より 小津監督を中心に右から鴈治郎、京マチ子、若尾文子、川口浩ら(元大映美術・井上章氏提供)
『浮草』完成記念写真より 小津監督を中心に右から鴈治郎、京マチ子、若尾文子、川口浩ら
(元大映美術・井上章氏提供)
Copyright:(C) 2004-2010 三重映画フェスティバル実行委員会. All Rights Reserved.