TOP>三重と映画>三重県出身の映画監督:衣笠貞之助監督

  

 衣笠貞之助(1896−1982)

  衣笠貞之助(本名:小亀貞之助)は亀山市出身であり、すぐ下の弟・
 寿三も映画監督(衣笠十四三)である。

  貞之助は女形として映画界にデビュー。監督デビューは1920年
 『妹の死』。 長谷川一夫、京マチ子主演『地獄門』(53)でカンヌ映画祭
 グランプリ、アカデミー外国語映画賞を獲得した。 衣笠は長谷川一夫
 の恩師であり、衣笠なかりせば一世を風靡した長谷川一夫は世に大き
 く出ることはなかったと言われる。 山本富士子を大スターにしたのも
 衣笠であり、彼のサイレント時代の前衛映画『狂った一頁』 (26)、
 『十字路』 (28)などは、日本映画黎明期の傑作である。

 【作品】
  ・「雪之丞変化」(35)
  ・「或る夜の殿様」(46)
  ・「白鷺」(58)
  ・「小さい逃亡者」(66)他


Copyright:(C) 2004-2010 三重映画フェスティバル実行委員会. All Rights Reserved.