TOP>三重と映画
 
亀山ゆかりの衣笠貞之助監督
写真は亀山市歴史博物館提供
松阪・宇治山田・飯高ゆかりの
小津安二郎監督
写真は松竹株式会社提供
四日市ゆかりの藤田敏八監督
写真は藤田慶二さん提供
衣笠貞之助監督のプロフィール&作品 小津安二郎監督のプロフィール&作品 藤田敏八監督のプロフィール&作品
 なお、三重県出身者として、「キネマ旬報・映画人名事典」等には次の人たちが紹介されている。
 ・衣笠十四三(1900〜1976 亀山市 『刺青奇偶』 貞之助監督の実弟 )
 ・市川崑(1915〜 伊勢市 『おとうと』)
 ・和田勉(1930〜 松阪市 『ハリマオ』)
 ・高畑勲(1935〜 伊勢市 『おもひでぽろぽろ』) 
 ・吉村芳之(1946〜 上野市、NHK大河ドラマ『時宗』)
 ・瀬木直貴(1963〜 四日市市 『坂の上のマリア』)
 ・井土紀州(1968〜 海山町 『百年の絶唱』 脚本家でもある)
 さらに、井澤雅彦、大西健児、鍛冶昇、小中和哉、佐藤浩二、高木一臣、筒井武文、広瀬五郎、古川タク、
 松田秀知、水谷俊之があがっているが、詳細は不明。
 ・田中徳三(現在、名張市に在住 1920年・大阪府生まれ)は『悪名』『兵隊やくざ』『座頭市』『眠狂四郎』
   シリーズの演出をして大映黄金期を担った監督の一人。
   現在もテレビ時代劇を演出。市川崑『炎上』の助監督。なお、黒澤明『羅生門』、溝口健二『山椒大夫』
   『近松物語』の助監督も務め、これらの撮影を担当した名手・宮川一夫(津でロケをした阪東妻三郎の
   『無法松の一生』のカメラマンでもある)と組んだりした人。なお、クレジットされていないが大映の撮影
   助手に津市出身の青木完一がいる。

 

   ・植木等(1927〜 宮川村 『ニッポン無責任時代』『新喜びも悲しみも幾歳月)
 ・藤田敏八(1932〜 監督であるが映画、tvドラマにも出演。『チゴイネルワイゼン』では助演賞受賞)
 ・沢本忠雄(1935〜 松阪市 『十代の恋よさようなら』『美しき抵抗』『闇を裂く口笛』)
 ・あべ静江(1951〜 松阪市『トラック野郎・暴走一番星』『思えば遠くへ来たもんだ』)
 ・小倉久寛(1954〜 紀勢町 『夢見通りの人々』『学校』)
 ・椎名桔平(1964〜 上野市 『金融腐食列島・呪縛』『化粧師』『スパイ・ゾルゲ』)
 ・葛山信吾(1972〜 亀山市 TVドラマ『真珠夫人』)
 ・水野美紀(1974〜 四日市市 『シュート』『大失恋』)
 ・榎木兵衛、桂福団治、田畑義夫、山路和弘
 ・伊藤すえ子、折口亜矢、夏樹陽子、花川環、真城千都世、三重明子、森川まさみ、山村美智子
 

 

ロケ地一覧の作成には久保仁氏の労作『ローカル映画館史』(三重県興行環境衛生同業組合刊行)その他の資料を参考にしました。多くの方に御礼申し上げます。
新資料があればご一報ください。FAX 059-226-7906
 
Copyright:(C) 2004-2010 三重映画フェスティバル実行委員会. All Rights Reserved.